光回線って何?光回線の特徴と種類

光回線とは?

インターネットにつながるためには、まず物理的にプロバイダーまでつながる必要があります。有線とつながるタイプが主流ですが、最近では無線での接続も増えています。

まず、ネット回線の代表的な種類を見ていきましょう。

・光回線
現在のインターネット接続の主流となりつつある回線です。

NTTの回線ならばフレッツ光、auのauひかりなどがあります。

既存の回線の中ではずば抜けて通信速度が早いことが特徴です。
動画の読み込みといった大容量の通信でも、ストレスなく利用することができます。

その一方で、どうしても料金が高いというデメリットがありました。
しかし近年の光回線の普及により、他の回線と比べてずば抜けて高いという料金設定はなくなりました。

・ADSL
光回線のまだ通っていない地域などではいまだに広く利用されているのがADSL回線です。
それまでの回線(ISDNなど)に比べるとはるかに早く、ブロードバンド時代と呼ばれるようになりました。

・CATV
ケーブルテレビの回線を利用して通信を行います。
光回線にはかないませんが、ADSL以上の安定したスピードが出ます。

光回線のメリット

・通信速度の速さ
インターネットの進化とともにサイト上では映像・動画といった大容量のコンテンツを扱うものが多くなっています。光通信では最新のネットコンテンツでも余裕でこなせる通信速度の速さがあります。

・通信の安定度
光回線は通信専用の回線になりますので、その安定度も抜群なのです。

光回線のデメリット

・料金の高さ
ADSLやCATVに比べると料金が高くなるところが光回線の弱点でした。
しかし最近の光プロバイダーの料金を見てみると、とても安いです。

ADSLと比べてもほとんど変わりない料金で利用することができます。

さらに代理店のキャンペーンやオプションなどを利用すると、さらにお得になることが多いのです。